低身長の治療

低身長 成長曲線 低身長と病気 低身長の検査 低身長の治療 医療費支援制度 低身長Q&A

ケースによる低身長のちがい

すぐに成長ホルモンによる治療が始められる場合

  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ターナー症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • SGA性低身長
  • 軟骨無形成症、軟骨低形成症
  • 慢性腎不全

甲状腺機能低下症と診断された場合

内服薬で適切に治療できます。

器質性成長ホルモン分泌不全性低身長(脳腫瘍)

脳腫瘍の治療を優先させ、手術後に成長ホルモン治療を始めます。

成長ホルモン治療とは

成長ホルモン製剤

遺伝子組み換えによる天然型ヒト成長ホルモンを使用します。副作用や事故は報告されていません。

治療の開始時期

思春期が始まる直前の身長が最終身長に関係しているといわれ、就学前にひと通りの検査をして思春期までに平均身長に近づけられるよう、できる限り早く始めるのが理想です。

治療の方法

健康な子どもは、夜眠っている間に成長ホルモンが多く分泌されます。そこで、夜寝る前に成長ホルモンを週6~7回皮下注射し、健康な子どもの成長ホルモンの分泌状態に近づけます。今は、在宅で痛みも少なく安全正確に注射できる注射器が開発されています。

成長ホルモン分泌量 健康な子ども
健康な子どもでは夜間に成長ホルモンの分泌が多くなります。
成長ホルモン分泌量 成長ホルモン分泌不全性低身長症
成長ホルモン分泌不全性低身長症の子どもは夜間の成長ホルモンの分泌が少なくピークもありません。
成長ホルモン分泌量 成長ホルモン分泌不全性低身長症 (成長ホルモン治療中)
成長ホルモン治療中では健康な子どもと同様に、夜間の成長ホルモン量がピークになります。

治療の効果

最初の1年に最も効果が現れ次第に緩やかになります。また、糖や脂肪の代謝も正常になります。

治療の終了

骨年齢で男子の場合17歳、女子の場合15歳以上で骨が伸びなくなるため治療を中止します。